中津のど根性「藤」が台風のあとに切られた。

スポンサーリンク

また好きな場所が1つ消えました。

月単位で変わっていく中津のまち。気が付けばまたお気に入りの場所が無くなっていた。
その場所は、人気の無国籍料理Think食堂がある西田工業のビルを淀川の方に曲がり、中津小学校方面へ向かって100mくらいの場所にありました。

筆者が勝手呼んでいる『うだつストリート』

この通りは私は勝手に『うだつストリート』と呼んでいるこの道は、昼間だけやってるお好み焼き屋があったり、 2195 coffeeというランナーの休息所のカフェがあったり、大阪プロレスのポスターがはってあったりと知る人ぞ知る通りである。
そして一番驚くのはこの立派な『うだつ』がある家があることだ。

筆者が『うだつストリート』と呼ぶきっかけになった家

この通りにひっそりと咲く藤の花

この通りに春のなると人知れず咲く藤の木があった。駐車場の境界に植えてあったのできっと、この駐車場の関係者の方が植えたのだ思う。

2018年の藤の花が咲いているとき

この藤の木の素晴らしい所は、夏を過ぎると立派なマメをつけるのです。園芸用の藤は、あまりマメがぶら下がっているのを見たことがないのですが、この藤の木は毎年豆ができていました。

花が咲き終わるとこのように豆が

また、マメが大きくなってくる夏に咲くことも多かったです。(私の記憶では数年夏に咲いてました)

左下に春に咲いた箇所にマメができているのに上は夏に咲いています。

この藤の木ですが、実は2018年に関西に上陸し甚大な被害をもたらした台風21号のあとになくなりました。おそらく後ろにあったトタンもなくなっているので、おそらく台風の影響で切らねばならない状況になったのだと思います。

2018年の台風21号の影響で駐車場のしきりが飛んでしまった。
藤の木は切り株だけが残っている

このわずかな隙間から毎年力強い花をつけ、マメもこしらえていた中津のど根性藤は、今はもうありません。

まちには通り過ぎるとわからないけどそこで生活していて毎日そこを通るとちょっとした変化も気が付くのことがありますね。

名称:元ど根性藤

管理人
ひらい ゆぅぞぅ(管理人)

大阪市北区中津に引っ越してきて右も左もわからなかったのでローカルメディアを作りました。YouTubeチャンネルも運営するが、今は中津のどこかで八百屋の店長をやっています。見つけたら声かけてください。
職住一体のスマートな生活始めてます。

ひらい ゆぅぞぅ(管理人)をフォローする
日常の出来事
スポンサーリンク
ひらい ゆぅぞぅ(管理人)をフォローする
スポンサーリンク
梅田の北っかわ!Ver.2.0│大阪ローカルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました